2018年6月12日火曜日

「またきてね」

クレヨン牧師のミニエッセイ

「またきてね」
 
 出掛けることが多くなってきました。これは嬉しいことです。神様が御用のために使ってくださることだからです。
 
 さて、愛美(1歳半)が言葉を少しずつ覚えてきました。その中で、これは誰にでもわかるという言葉があります。それは「またきてね」です。私が出掛けようとすると、どこからともなくやってきて「またきてね」と言われてしまいます。なんだかおかしいのですが、「またきてね」と言われると嬉しくもあります。
 
 礼拝堂の聖壇が広がり、ああこれが教会の中心なんだとわかるようになりました。この中心では聖餐式が行われ、聖徒の交わりがおこり、祝福を受けます。神様と私たちの間に出会いがあります。ここにくれば神様に全てを委ねることができます。その聖卓にはキリストがおられるのです。
 
 「わたしのもとにきなさい。休ませてあげよう」という主の御言葉を聞きます。そして同時に「またきてね」という御言葉も聞こえてくるのです。